9月・10月レッスンレポート

9月・10月のレッスンのレポートです。

9月のホームAは生徒さんのご要望で
鶏肉のそぼろ、たまごの2色丼 を作りました。

ホームAは家庭料理の基本を学びます。家庭の食卓に一番登場する飽きのこない和食や惣菜料理が中心となります

6月頃にレシピを見直し作って見ましたが
その時より、塩気は甘く感じます。

季節柄、塩分の強い食事になっているんですね。
塩気の感じ方は季節により微妙に変化する
と毎回、レッスンで感じます。

***************************************************
また10月のホームAは親子丼がメインでした。

親子丼はトロトロの卵が魅力的ですね。コツを、お教えしました。

その他には
・高野豆腐の鶏ひき肉の詰物
・豚汁
・ヨーグルト入り バナナのケーキ
を作りました。

今回は出汁の採りかたから始まりました。
最近、ほとんどの方は出汁を採らず、粉末のインスタント出汁を使います。面倒かもしれませんが出汁を採りましょう。出し汁で作った豚汁に感激します。優しい味です。

毎日、添加物の入らない味噌汁や煮物を頂く、当たり前のことですが、意外と身近な所に
健康な身体を作る極意が有るのではないでしょうか。

面倒ぐさらずお出汁を採りましょう。
天然のお出汁は何よりも美味しいです。

***************************************************

10月のヨーロッパクラスのデザートはビーツとチーズのケークサレ、かなりお気に入りの塩ケーキでした。

ヨーロッパクラスはイタリア料理を中心に、ヨーロッパ各地の家庭料理を学びます。家庭で作れるおしゃれなご馳走料理クラスとして根強い人気のコースです。

ビーツは食べる輸血と言われます。ビーツにチーズを沢山入れました。チーズが入っている分、バターは入りません。
ヘルシーを、意識して作りました。お腹空いている時やお酒のお供にピッタリです。

ビーツはまだ日本では馴染みがありませんね。
国産では長野産が市場に出回ります。ヨーロッパでは一般的な野菜です。

 

教室では市場に出回るとレッスンに登場します。
なるべく缶詰めは使いません。フレッシュを頂くと差がありすぎます。
使い方を覚えると食べたくなる野菜です。

ビーツはこれから流行る野菜です!と皆様にお伝えしてます。

その他には
・秋刀魚のフリット塩レモン
・鶏胸肉の香草塩麹漬け サワクリームソース
・お米のプリントルコ風

を作りました